カマグラとカマグラ100・カマグラゴールドの違いってなに?

バイアグラジェネリックは数多くありますが、なかでもカマグラ(kamagra)やカマグラ100・カマグラゴールドはとてもよく似た製品名です。すべてバイアグラジェネリックではありますが、何か違いはあるのでしょうか。

カマグラはインドにある、アジャンタ・ファーマ社(Ajanta Pharma)によって製造・開発されていて、先発薬と同じシルデナフィルという有効成分配合のED治療薬です。
ほかの特徴で何か違う点があるのか、紹介します。

カマグラとカマグラ100・カマグラゴールドとは

全て同じ緑色の錠剤で、同じ有効成分配合・同じ製造会社なので、もちろん効果や副作用は同じです。先発薬であるバイアグラとほぼ同じ働きを持っていて、ただ呼び名が違うだけということが分かっています。

製造されたインド国内で販売されているものをカマグラゴールドと呼び、国外へ輸出されるものをカマグラと呼び分けているのですが、その理由はなぜか分かっていません。
カマグラ100は有効成分の配合量が100mgであることを指しているだけです。

つまり全て同じ製品であるにも関わらず国内か国外という違いで呼び分けていて、さらには成分の配合量の違いでも呼び方が異なるED治療薬といえます。
全く同じ壺が3つ並んでいる
ただしバイアグラとカマグラに関しては、同じ有効成分ではありますが全て同じではなく、一部の成分や製造方法の違いもあるため、効果や副作用のあらわれ方に違いが起こる可能性があることも理解しておきましょう。

カマグラ以外のバイアグラジェネリック

どちらも錠剤であり、成分の配合量もそれぞれ50mgと100mgの販売があるED治療薬です。しかし他のバイアグラジェネリックには、成分の配合量の多い種類から即効性が高い種類・水なし服用ができる種類などさまざまあります。

それはピーフォースフォートやバイアグラODフィルム・カマグラゼリー・カマグラチュアブルなどです。全て有効成分は同じですが、服用方法の違いから効き目にも違いがあらわれます。
自身の症状に合うタイプに加えて飲みやすいと感じる種類を選ぶことで、ムリなくED治療をおこなうことができるでしょう。

これらのED治療薬も全て、通販サイトで購入できるため周囲にばれる心配なく、費用も抑えながら治療できます。精神的・金銭的な負担を減らすことにも、役立ってくれるのです。