カマグラゴールドとバイアグラの副作用は同じ?

ED治療薬の副作用といえば鼻づまりやほてりですが、カマグラゴールドもバイアグラも有効成分が同じなので、副作用としてあらわれやすい症状も変わりません。
血行促進作用による動悸や頭痛・血圧の上昇・頻脈などが起こりやすいともいわれています。

ただ先発薬よりも、後に作られたジェネリック医薬品のほうが副作用などは抑えられていることが多いです。また基本的な副作用や重度の症状は変わらないので、注意しましょう。

視覚異常が起こる場合もある

ほてりや鼻づまり以外にも、視覚的な副作用が引き起こされる場合があります。それは目のかすみ・眩しく感じる・彩視症や光視症などです。
彩視症といっても、視界が青くみえたり青と緑の区別がつきにくかったりする青視症・黄色いフィルターがかかっているように見える黄視症などがあります。

そして光視症といって、目の中に光が見えたり閃光のようなものが時々見えるようになったりする場合もあるのです。
このようにさまざまな目の異常を引き起こす可能性もあるので、長時間続いたり悪化する場合または急激な視力の低下が起きたら早急に眼科医を受診しましょう。

滅多に起こらないが危険な副作用

立っている男性の腰から下
視覚異常のほか、勃起状態が長時間に及ぶ場合はプリアピズム(勃起持続症)という重度の副作用が起きている可能性があります。
この症状は名前の通り、ずっと勃起が持続されてしまうのです。

カマグラゴールドに限らず、ED治療薬服用後4時間以上勃起が続いたら発症している可能性が高いのでなるべく早めに病院を受診しましょう。
もし痛みがある場合は、血流障害が起きていて組織の損傷や機能の喪失となる危険性が高いので、早急な対処が必要です。痛みがなくても放置はせず、医師の指示に従って対処してください。

副作用のあらわれ方にも個人差がある

一般的な副作用は誰にでも起こる可能性がありますが、全て同じとは限りません。またバイアグラとカマグラゴールドが同じ有効成分で、比較的カマグラゴールドの副作用が抑えられているとしても、体質との相性などもあるため個人差があります。

全く同じように感じる人もいれば、カマグラゴールドの方が副作用を軽く感じる人もいて、バイアグラの方が副作用は軽いと感じる人もいるでしょう。
そしてそれは効果にも同じことがいえるので、効果や副作用を知った上で自身の体質に合うものを選ぶ必要があります。